映画『ペテン狂騒曲』24年7月6日(土)公開記念舞台挨拶レポート!

映画『ペテン狂騒曲』公開記念舞台挨拶が6日、東京・池袋HUMAXシネマズで開催。主演の林光哲、共演の大滝紗緒里、三好大貴、松田将希、蔵田尚樹、山縣悠己、阿部冬夜、石川鈴菜、松本了監督が登壇しました。

■ 映画『ペテン狂騒曲』公開記念舞台挨拶@池袋HUMAXシネマズ

映画『ペテン狂騒曲』公開記念舞台挨拶が6日、東京・池袋HUMAXシネマズで行われ、主演の林光哲、共演の大滝紗緒里、三好大貴、松田将希、蔵田尚樹、山縣悠己、阿部冬夜、石川鈴菜、メガホンをとった松本了監督が登壇した。

本作で映画初主演を果たした坂木誠人役の林は、ついに公開された心境を尋ねられると「僕個人の話をさせていただくと、10年くらい同じ事務所にいるんですけど、僕が粗相をしたときに社長に怒られながら『あんた、おじいちゃんやおばあちゃんにでかいスクリーンで自分を見せたいんでしょ。そのために頑張りなさい』と言われていたので、今それが形になって、大変な中みんなで作り上げた作品がみなさんに届いたのが感無量というか、不思議な感覚ですね」と感慨深げに語った。

篠塚多恵役を演じた大滝は「(完成披露)試写会のときにSNSがすごく盛り上がっていたのを拝見して、私はその場にいなかったけど、みなさんが楽しんでいただいているんだなと感じて嬉しかったので、今日は近くでみなさんの熱量を感じることができて嬉しいです」と声を弾ませた。

松本監督は、限られた時間の中での撮影で「監督という立場からすごく大変だった作品で、産みの苦しみは想像を絶するものでした」と胸中を明かしつつ、「作品というのは監督にとって子どもみたいなものなので、苦しみが大きいほど今日のこの日を迎えられたことが感無量ですね。すごく感動しました」と目を輝かせ、観客から温かい拍手を浴びた。

東京・横浜・名古屋・大阪で本作が公開されることについて聞かれると、三好は「僕は大阪出身なので、地元にこの作品を届けられるのはめちゃめちゃ嬉しいですね!」と喜び、大滝は「(本作が上映される)名古屋の劇場が、私がバイトしていたところの近くで、よく(映画を)見ていた場所だったので嬉しかったですね」と声を弾ませた。

林光哲

林光哲

松田将希

松田将希

大滝紗緒里

大滝紗緒里

三好大貴

三好大貴

蔵田尚樹

蔵田尚樹

山縣悠己

山縣悠己

石川鈴菜

石川鈴菜

阿部冬夜

阿部冬夜

松本了

松本了

【日 程】 7月6日(土)
【場 所】 池袋HUMAXシネマズ
【登壇者】 林光哲、大滝紗緒里、三好大貴、松田将希、蔵田尚樹、山縣悠己、阿部冬夜、石川鈴菜、松本了(監督)

■ 映画『ペテン狂騒曲』公開記念舞台挨拶@横浜 ジャック&ベティ

ペテン狂騒曲 ジャックアンドベティ
ペテン狂騒曲 ジャックアンドベティ

【日 程】 7月6日(土)
【場 所】 横浜 シネマ ジャック&ベティ
【登壇者】 林光哲、三好大貴、山縣悠己、松本了(監督)

■ 映画「ペテン狂騒曲」

ハイエナと呼ばれた弁護士・坂木誠人と、裁判に勝つためには手段を選ばない検事・我妻泰史。2 人が真っ向から対決した殺人事件裁判は無罪判決で坂木の勝利に終わった。時の人となり栄光を掴み取った坂木弁護士。一方、エリートキャリア組から脱落し地方へ左遷された我妻検事。『驕れる者久しからず』。数年後、経営失敗により破産し、弁護士資格を失った坂木は借金取りから逃げ回る日々を送っていたが、かつて坂木が弁護した殺人事件の被疑者・内田光流の甘い誘いにより、マルチ詐欺に参加する。そんな坂木を、左遷から戻った我妻が⻁視眈々と狙っていた。

関連記事